LOG IN

名古屋旅行(熱田神宮、ひつまぶし、ノリタケの森)

by ぬま

2017年夏のお盆休み、名古屋へ一泊旅行に訪れた。

旅の発端は、あつた蓬莱軒のひつまぶしを食べること。そのほかにもちょこちょこと訪れたので、ブログにまとめておきたいと思う。

あつた蓬莱軒に来店し、ひとまず予約

「名古屋にひつまぶしの名店がある」ということを数年前に知り、一度ひつまぶしというものを食べてみたいと思っていた。

それからなかなか機会がなかったのだが、今年のお盆休み期間中に急に思い立ち、名古屋へ行ってきた。

驚異の3時間待ち

あつた蓬莱軒の本店に到着したのは、お盆休み期間真っ只中の11時半ころ。

「12時半くらいにはご飯を食べられるかなあ」とのんきに構えていたが、あつた蓬莱軒の駐車場の警備員さんから「3時間待ちです」と言われて驚愕… さすがお盆休み。

ひとまずお店の前にいらっしゃる店員さんに予約したい旨を告げると、名前を控えてくださり、3時間後にまた来るように言われる。車で訪れたのだが、駐車場に空きがないのだそうだ(そりゃそうだよね。)

それまでの間、近くにある熱田神宮へお参りすることにした。

熱田神宮へ

熱田神宮は三種の神器のひとつ、草薙の剣を奉納する、国内でも歴史の長い神社。

木が鬱蒼と茂っているさまや、飾り気はないけれど力強い無垢の鳥居などを見て、失礼ながら以前訪れた伊勢神宮を少しの間思い出した。

駐車場から近い、東門にある鳥居。

駐車場から近い、東門にある鳥居。

宝物館で奉納された美しい衣装などを見たあとは、境内の喫茶で腹ごしらえ。(ひつまぶしを食べるまで時間があったので、少し空腹を埋めておきたかった…)

本宮へお参りして、おみくじを引いたら「吉」。良いことが書いてあって嬉しかった。がんばろう。

ひつまぶし、実食

そうこうしているうちに時間になったので、あつた蓬莱軒へ戻った。

店の前で時間になるまで待機していると、店内へ案内される。また店内でしばし待ったあとで、席に通された。

色々とメニューはあったが、定番のひつまぶしを注文。

まずはひつまぶしのお重の中をしゃもじで4等分し、4分の1ずつお茶碗によそって、次の順番でいただく。

  1. そのままで

  2. 薬味を添える

  3. 薬味を添え、だしをかける

  4. 最後はお好みの食べ方で

普段あまりうなぎを食べないので、味についての批評はできないが…うなぎは香ばしく焼かれていて、美味しかった。薬味を添えるとさっぱりして食べやすくなる。

おひつの中には一合くらいのお米があって、結構なボリュームだったが、味に変化がついて飽きなかったこと、お腹が空いていたこともあって完食した。

ご馳走様でした。

ひつまぶしを食べた後はホテルにチェックインし、名古屋駅周辺を散策して一日目が終了。

ノリタケの森

二日目は、テーブルウェアのメーカーとして世界的に有名なノリタケの施設、ノリタケの森 へ。

毎日料理をするようになってからテーブルウェアに興味がわき、ノリタケの名前も以前から知っていたので、ぜひ行ってみたかった。

ノリタケの森には次のような施設があり、ノリタケのものづくりについて深く知ることができる。

クラフトセンターで食器ができあがる過程を見学

クラフトセンターでは、ボーンチャイナのテーブルウェアや置物ができあがるまでの過程を見られる。解説ビデオがいたるところにあり、好きなタイミングで再生して閲覧できるので、とてもわかりやすかった。

職人が働いているなかに見学ルートが取られているので、実際の職人が作っている現場も見ることができる。(実際に質問しても良いそう。集中して作業されているなか声をかけるのは勇気がいるけど、気になることがあれば声をかけてみても良いかも。)

職人が一枚の皿や置物を丹念に、手間暇かけて仕上げていくさまを見ていると、例えお値段が高くなっても、それは相応の金額だよなあ…と納得する。

百貨店や雑貨店に並んでいるテーブルウェアはひとつひとつ人の手によって作られているということを、ふだん生活しているとあまり実感として持てないので、実際に見学できて良い経験になった。

できあがって行くさまを見て凄いと思った製品

ノリタケといえばテーブルウェアのイメージだったのだが、こういう置物も作っている。

原型師さんが原型をつくったあと、パーツごとの型をつくり、できあがったパーツを組み合わせ、組み合わせた位置がわからないよう継ぎ目を消し、焼成し、塗装し…といったいくつもの工程を経て作られているそう。

(記憶にあるものをそのまま書いているので、工程の説明はかなり雑です…ご了承ください)

こちらのような立派な商品もあった。塗装には熟練の技が必要だそう。

ちなみにノリタケオンラインショップに掲載されている商品はおそらく一部だけで、ノリタケの森にあるショップでは、より手の込んだ(そして高額な)商品がいくつもあった。興味がある方はぜひ。

ミュージアムでデザイン画やオールドノリタケを鑑賞

クラフトセンターの上にあるミュージアムでは、過去に制作されていたノリタケのテーブルウェアや、オールドノリタケ(戦前に海外に輸出していたノリタケの製品)などを見られる常設展、期間限定の企画展を見ることができる。

わたしが訪れた時は「デザインワーク 今・むかし」という企画展が催されていた。

その名の通り、ノリタケのテーブルウェアをデザインする過程を現代と過去に分けて展示してあるもの。今でこそデジタルでデザインを起こすことが多いらしいが、その前はもちろんのことアナログ(紙とペンなど)でデザインスケッチをおこなっていたそう。その精密なデザインスケッチに惚れ惚れ。

わたしも一応デザイナーの端くれだけど、デジタルなツールを使って制作しているので、恥ずかしながらこれほどまでに精緻なデザインを描ける自信がない…。

豪華なオールドノリタケのテーブルウェアや花器などもすごかった。これらの製品を工場でいくつも生産していたなんて、当時の職人の技術の高さたるや…。

あと、海外の富裕層って本当にとんでもなくお金持ちなんだなあ、という下衆なことも考えてしまった。自分の家にこれらのテーブルウェアが置いてあるところが想像できない。

オールドノリタケについてはこちらのサイトが詳しかったので、ご興味ある方はぜひ。

ミュージアムなどを見ていると感化されるもので、鑑賞してまわったあと、ショップでマグカップを購入した。お手頃な値段だけど上品なデザインでお気に入り。大切に使おう。

(ディナープレートなども欲しかったけど、我が家では使うイメージがつかず見送り… いつか購入したい。)

まとめ

「ひつまぶしが食べたい」という食欲を発端とした旅行だったので、かなりのんびりと観光したが、とても楽しかった。

次回訪れるときは、歴史的な側面を知るために徳川家ゆかりの地などへと足を運びたいと思う。

OTHER SNAPS