LOG IN

女王蜂のライブに行った話

by ぬま

先日、いつか生でライブを見てみたいな〜と思っていた女王蜂のライブに行ってきた。

たまたま公式サイトでおこなわれていたチケットの先行申し込みを見つけて、申し込んでみたら幸運にも当選したのだ。

女王蜂とは

女王蜂は神戸出身の4人組バンド。

高校時代の同級生が女王蜂の結成初期から関わっていたそうで、彼がSNSで発信し続けているのを見てバンドを知った。

それ以来ときおり活動をチェックしていたが、アルバム『奇麗』から本格的に好きになった。

この曲が『奇麗』のなかではキャッチーかな。

こういう激しい曲もあれば、ボーカルのアヴちゃんが男女二役を演じ分けるバラード(と言えるのだろうか…?)などもあり、メロディーの面白さ・たまに垣間見える曲の繊細さが好きだ。

2018年2月2日(金) KYOTO MUSE公演

ライブハウスに行った経験があまりなく(Zeppに数える程行った程度)、さらに一人でライブに参戦するのが初めて&比較的年齢層が若くてちょっと緊張したけど、入場したらテンションが上がり、あまり気にならなくなった。

アヴちゃんがとにかくすごい

わたしは特にボーカルのアヴちゃんに惹かれて女王蜂を聴くようになったので、アヴちゃんの話ばかりになってしまうのだが…

歌っている時のアヴちゃんは綺麗でありつつも攻撃力があって、観客を煽るさまは蠱惑的な魅力がある。かと思えば子どものような純粋でかわいらしい表情を見せたりもする。全身で音楽の世界を表していて、曲によって雰囲気がガラッと変わる。あまりにも多面的でびっくりした。

勝手ながらアヴちゃんを見ていると、このひとは何かを表現しつづけないと生きていけないのではないかと思ってしまう。その表現の場として相応しかったのが、バンドという形態なんだろうなあ。

(勝手な推測です)

あと、アヴちゃんはもちろんなのだけど、サポートメンバーもふくめてメンバーが皆お綺麗なこと…。

ステージに上がってきた瞬間みな綺麗でウワッと思った。なかなかギターのひばりくんやドラムのルリちゃんが見えなかったので、今度はもっとよく見える場所に行きたい。

新旧織り交ぜたセットリスト

女王蜂のライブが初めてだったので、ふだんがどんな感じなのかわからないのだが、初期の曲から最近の曲まで幅広く聴けた。

個人的に好きな『失楽園』『DANCE DANCE DANCE』『売春』をしてくれたのが嬉しい。

あと『デスコ』の盛り上がりもすごかったーー

女王蜂のライブではジュリ扇(羽がついた扇子)を持って踊る?盛り上がる?のが定番らしいのだけど、アヴちゃんが観客からジュリ扇を借りて踊るという流れも見られた。

上記動画の3:35あたりからがその流れ。

可愛らしい声から急に男の声になるところも好き( ^ω^ )

もっと大きくなるんだろうなあ

ライブを見ていて、これからさらにバンドが進化して大きくなっていくのだろうなあ…と感じた。今回ライブをおこなったハコはさほど大きい場所ではなかったと思うが、そのうちこういったハコでライブをしていたことが懐かしくなる日が来そうだ。

音楽に詳しいわけではないのでただの素人の考えだが、彼らにはそんなポテンシャルがあるように思う。

次のツアー

春にツアーが決定しているらしく、チケットの先行販売も始まっている。興味のある方はぜひ…!

OTHER SNAPS